どのような人がネットワークを使用した防犯カメラを使うのか

ネットワークと防犯カメラが一体化したものが近年人気になってきています。スーパーや銀行、学校や病院、自宅、エレベーターのような個室となる場所、街頭カメラなどに取り付けられているものが、ネットワークのカメラです。これらのカメラは防犯カメラとしての役割を担っています。このネットワークについてご説明致しますと、ネットワークカメラには各々にIPアドレスを割り当てています。アクセス権をもったユーザーがネットワークインフラを使い、どこからでもカメラを通して映像を見ることができます。デジタルであるネットワークカメラとアナログカメラとの大きな違いは遠隔操作ができるかできないか、画質や画角の違いなどが挙げられます。今までアナログカメラを使われていた方は使いやすさを感じられるでしょう。ここではネットワークを利用した防犯カメラについてご説明致します。

防犯カメラの種類について説明します

近年トラブルが発生した際、解決に大きく役立っているものが防犯カメラです。ネットワーク環境があれば、いつでもどこでもリアルタイムでカメラにアクサスできます。では、ネットワークをもつカメラとアナログカメラの違いを詳しくご説明していきます。まず1番違いを感じられるのが画像です。アナログカメラは一般的に約30万画に対し、ネットワークカメラに使われているのは100万画素以上が一般的です。画角もネットワークカメラの方が広いため、設置カメラを減らすこともできます。アナログカメラは同軸ケーブルでしたがネットワークカメラはケーブルもLANケーブルですので、ケーブルの煩わしさも軽減されます。高画質で高性能な映像、監視において特別なソフトウェアが不要、遠隔操作が簡単にできるので、防犯カメラに使われております。

ネットワークの防犯カメラを設置する理由

防犯カメラは様々犯罪を未然に防ぐことを目的として使われています。ネットワークの防犯カメラを利用されている方はテナントビルの所有者、マンションの所有者、幼稚園や小中学校の教育機関、自主管理をされている企業と多岐に渡ります。もちろん自宅に導入している方もいます。例えば空き巣や車上荒らしからの予防や、一人暮らしの女性は留守中の防犯として使われているそうです。また防犯カメラを設置することで犯罪の抑止力にもなります。その他にスーパーでの導入例として、万引き被害件数の減少、万引き犯の逮捕に繋がった例もあります。ネットワークの利点を活かした防犯カメラは多くの人の生活に安心を与えることでしょう。ネットワークの防犯カメラとアナログカメラの防犯カメラとの比較をはじめご説明してきましたが、ご参考になったでしょうか。導入を考えられていましたら、参考にしてみてください。